灯釜田龍の徒然日誌

漫画家 灯釜田龍のブログです。現在GANMA!にてWeb漫画『お転婆娘と顔無しの男』を連載中。

107話の個人的見どころ

f:id:higamata-noboru:20200216135525j:plain

このコマを右から左に、カメラワークが移動するようにつーっと視線を動かしてくれていたら嬉しいです。

こういう構図好きなので機会があれば積極的に使っていきたいと思います。

 

↓本編はこちらから。

f:id:higamata-noboru:20190622145152j:plain

 

▼ランキング参加中。ポチッと押して頂ければ幸いです▼

にほんブログ村 漫画ブログ ウェブ漫画へ  

【本日公開】第107話「お転婆娘と顔無しの男」【web漫画】

本日から「お転婆娘と顔無しの男」の最新話が公開されました。

一般配信は107話、プレミアム配信は108話が公開です。

どうぞご覧くださいませ。

f:id:higamata-noboru:20200204000733j:plain

 

 【本編はコチラから ↓ 】

f:id:higamata-noboru:20190622145152j:plain

▼ランキング参加中。ポチッと押して頂ければ幸いです▼

にほんブログ村 漫画ブログ ウェブ漫画へ  

106話の個人的見どころ

f:id:higamata-noboru:20200128220725j:plain

 

すっごい楽しかった。(笑)

 特に眼球と唇がえぇ感じにリアルに描けたので満足しております。

嬉しかったのが、公開後の反応が『驚いたけど笑った』と言うギャグとして受け入れてくれた事です。

こういう真逆の表現が好きなもので(笑)

 

↓本編はこちらから。

f:id:higamata-noboru:20190622145152j:plain

 

▼ランキング参加中。ポチッと押して頂ければ幸いです▼

にほんブログ村 漫画ブログ ウェブ漫画へ  

【本日公開】第106話「お転婆娘と顔無しの男」【web漫画】

本日から「お転婆娘と顔無しの男」の最新話が公開されました。

一般配信は106話、プレミアム配信は107話が公開です。

どうぞご覧くださいませ。

f:id:higamata-noboru:20200121003841j:plain

 【本編はコチラから ↓ 】

f:id:higamata-noboru:20190622145152j:plain

▼ランキング参加中。ポチッと押して頂ければ幸いです▼

にほんブログ村 漫画ブログ ウェブ漫画へ  

105話の個人的見どころ

f:id:higamata-noboru:20200112223708j:plain

今回の105話は、これといった盛り上がりもない静かな展開なのですが、

実は1話から最終回までの大きなテーマが、ようやく本編にて「言葉」として出てきた重要回だったりするのです。

今回の話を頭の片隅にでも覚えていてくれると嬉しいです。

 

↓本編はこちらから。

f:id:higamata-noboru:20190622145152j:plain

 

▼ランキング参加中。ポチッと押して頂ければ幸いです▼

にほんブログ村 漫画ブログ ウェブ漫画へ  

【本日公開】第105話「お転婆娘と顔無しの男」【web漫画】

本日から「お転婆娘と顔無しの男」105話が一般公開されました。

そして今年からプレミアム配信が1週間早くなり、

プレミアム会員の方は106話も本日からご覧になることが出来ます。

2020年最初の配信です。是非ご覧くださいませ。

f:id:higamata-noboru:20200107172615j:plain

 【本編はコチラから ↓ 】

f:id:higamata-noboru:20190622145152j:plain

▼ランキング参加中。ポチッと押して頂ければ幸いです▼

にほんブログ村 漫画ブログ ウェブ漫画へ  

2019年を終えて。そしてこれからについて。

2019年も今日でおしまいです。

今年は初の電子書籍発売開始連載100話達成連載5周年達成と今までになく動いた一年でした。

各記念イベントに参加して頂いた皆様、ありがとうございました。

そして毎回読んで応援して頂いている皆様、本当にいつもありがとうございます。

お陰様で『お転婆娘と顔無しの男』は連載5周年を迎えることが出来ました。

5年と言う節目を迎えられたので、少しだけ作品の今後の事をお話しします。

 

作品本編はずっと過去編が続きました。

実はこの『お転婆娘と顔無しの男』という作品は、寧ろこの過去の話こそが重要となっています。

割合で言うなら、現代40%、過去:40%、最終回を含むクライマックス:20%が、

この物語全体の割合となります。

それら100%全部を一つにして『お転婆娘と顔無しの男』の物語が出来上がる仕組みです。

因みに現代も過去も40%全てを描き切っていません。明かされていない謎や解決すべき問題が残っているからです。

それらが明かされつつクライマックス20%が展開される…といった感じです。

最終回は綺麗に終わらせる予定です。

最終回一番最後のコマのシーンは連載前から決まっており、変更予定は御座いません。

まぁそこまで辿り着けるかが不安で仕方がないんですけどねハハハ…((-.-;)ガクブル

 

これからの幸若彦と茜がどうなるかですが、

生みの親としてあの子達に一言言いたいのは

「強くなってほしい。寧ろこれからが本番だぞ」です。

甘やかすつもりはありません。

そんな2人を巡って周りのキャラクター達がどう動くのかも注目してほしいです。

ただの脇役モブキャラで終わらせるつもりはありません。

彼等彼女等の複雑な人間ドラマを、引き続き楽しんで頂ければ幸いです。

 

それでは今年はこの辺で。

来年も『お転婆娘と顔無しの男』をどうぞよろしくお願い致します。

 

良いお年を。